最新記事へ筆者紹介定期購読のご案内メールフォームリンク集ホームページへ
| Home | Cover Story | Profile | Order | Mail | Link |

6・12米朝首脳会談の行方を読む

 長きにわたり外交交渉をフォローしてきた筆者は、小欄のテーマとして米朝交渉を外すわけにいかない。朝鮮半島の「非核化」と金正恩朝鮮労働党委員長の「体制保証」をかけた世紀の首脳外交である。舞台裏では、マスコミで報道されていない手練れの外交官らが暗躍した。インテリジェントの駆使や腹の探り合いが展開された。その一部始終をウォッチングしてきたので、モリ・カケで悪戦苦闘する安倍晋三首相の総裁3選問題にも食指が動くが、ひとまず脇に置く。

 ドナルド・トランプ米大統領が「ディール(取引)の人」とはいえ、会談中止発表には正直びっくりした。その後、リセットされ、交渉再開に至ったのはご案内の通りだが、なぜトランプに博打のような大芝居が必要だったのか。

 一説には、6月12日、シンガポールで開催される米朝首脳会談の実務者による事前協議を北朝鮮がすっぽかしたとされている。事前協議で、会談の段取り、交渉条件の確認、議題設定や論点整理を行う手はずだった。いわば先進国首脳会議(G7)の前段で行うシェルパ会合のようなものだ。北朝鮮からは欠席の連絡もなかったから「何を小癪な」とトランプが腹を立てた、と流布されている。真偽のほどはわからない。

 トランプが金正恩に送った書簡には「米国が保有する核戦力は非常に威力があり強力だ。私はそれを決して使わずに済むことを祈っている」と、メガトン級恫喝が使われている。慌てたのは金正恩である。金王朝の存続が保証されないなら、刺客が送り込まれるだろう。翌日、北朝鮮の金桂官第1外務次官は「金委員長はいつでもトランプ大統領と会う用意がある」と軟化した。このチキンレース、トランプに軍配が上がった。

 トランプは瞬間湯沸かし器のような性格でない。実のところは、5月初めマイク・ポンペオ米国務長官が訪朝した際に確認した基本線から北朝鮮側が逸脱してきた、と疑念を抱いたからだろう。金正恩の心の動きをトレースしてみるとわかりやすい。米中の2大国が手を組んで北朝鮮に圧力をかけるなら、自らの命運は尽きる。金正恩は青菜に塩のようになって「非核化」を受け入れざるを得なかった。高倉健のやくざ映画の主題歌に♪義理と人情秤にかけりゃ 義理が重たい男の世界―というのがある。これをもじれば♪核と命を秤にかけりゃ 命重たい金王朝―の戯れ歌になる。

 体制保証が認められるなら、何でもOKのような金正恩の豹変に慌てたのは中国だ。米朝の接近しすぎにくぎを刺さないと、金正恩が制御不能になると焦った。習近平主席は金正恩を北京に招き「中国は北朝鮮の味方だ」とささやいたのだろう。北朝鮮による「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を求める米側に対し、中国は北朝鮮が主張する「段階的な核放棄」に理解を示した。中国の後ろ盾があるなら、と金正恩は俄然、青菜に塩からみずみずしい菜っ葉によみがえった。

 中国のマッチポンプのような介入がトランプには面白くない。あちらがそうなら、こちらもマッチポンプとばかり会談中止の「演技」に打って出た。金正恩の強気の裏にちらつく中国の影を断ち切るためにもここは大芝居を打つしかない。ポーカーフェイスで米朝会談に介入してきた習近平に対し、トランプは「世界トップクラスのポーカープレーヤーだ」とツイートしている。会談前から、北朝鮮を挟んで米中2大国の前さばき合戦の様相だったが、トランプの大芝居が功を奏して、再び正常軌道に戻った。トランプは最近のツイートで「北朝鮮がいつの日か輝かしい経済・金融大国になると信じている。この点で金正恩と考えが一致している」と持ち上げ、北朝鮮が非核化に応じた場合、経済支援する考えを示した。

 米朝交渉は紆余曲折の繰り返しだった。交渉の裏舞台で筆者が注視したのは、米国の民間外交政策ネットワーク(通称「トラック1・5」)である。この超党派組織を構築したのが、CIA元次長のジョセフ・デトラニだ。同メンバーには、ブッシュ(父)政権、クリントン政権時代に北朝鮮政策を担当した元高官が含まれ、昨年末までにオスロ、ジュネーブ、モスクワ、ピョンヤンで北朝鮮側と極秘接触していた。デトラニはかつて、ジーナ・ハスペル現CIA長官の直属の上司だった。さらに前CIA長官のポンペオの3月と5月の電撃訪朝に同行し、通訳を務めたアンドルー・キムCIAコリア・ミッション・センター長の元上司でもある。裏舞台での米朝接触はCIA人脈を動員して進められた。その理由として、トランプの国務省不信がある。同省職員には民主党員が多く、いまだに政治任用の主要ポストが空白だ。その間隙をついてトランプは右腕のポンペオを国務長官に送り込んだ。

 米国には国家規模の情報機関が四つある。総合的な諜報活動の中核である中央情報局(CIA)、通信傍受網を世界に張り巡らす国家安全保障局(NSA)、スパイ衛星による情報収集を主体とする国家偵察局(NRO)、軍事情報中心の国防情報局(DIA)だ。CIAは「9・11テロ」後、それまでの「工作」から「分析」に比重を移している。デトラニらは、国連安保理の経済制裁が奏功して疲弊した北朝鮮経済の実態を正確に把握、このタイミングで金正恩にアプローチすれば成算があると判断した。まさにCIAのインテリジェンスが米朝首脳会談を成就させたわけだ。

 実際の米朝首脳会談を予想する前に、会談場所がシンガポールに決まったいきさつから検証したい。

 シンガポールで行う、と米側から日本政府に正式な通報があったのは5月7日午前(日本時間)だ。トランプは、文在寅韓国大統領の「最も絵になる」という勧誘に乗せられ、ほとんど板門店に決めていた。それを押し止めたのがボルトン国家安全保障担当大統領補佐官とポンペオである。加えて、安倍晋三首相の進言も大きかった。4月28日午後10時半から40分間、安倍氏はトランプと電話会談した。その場で「板門店開催は北朝鮮ペースになる心配がある。アジアの中立国、例えばシンガポールで行うべきだ」と伝えている。

 この一言をもって、日本の外交関係者は米朝首脳会談での「ジャパンパッシング」「日本置き去り」「安倍外し」などという批判は当たらない、ちゃんと一枚噛んでいる、と言い張る。5月28日夜の電話会談では、米朝首脳会談前に日米首脳会議を行うことで合意した。実は、金正恩とのトップ会談後、エアフォース・ワンは横田米空軍基地に給油で立ち寄って、基地内で安倍首相と会い、会談内容を報告する案も検討された。しかし、日本まで来て韓国に立ち寄らないのは、米国外交の現状からするとあり得ない。しかも6月14日に72歳になるトランプの誕生日パーティーがホワイトハウスで長女、イバンカ大統領補佐官が中心となって盛大に開かれる。トランプにとって、道草はご法度、帰心矢の如し、なのだろう。すり合わせの結果、安倍氏は6月8、9両日、カナダで開かれるG7首脳会議前に訪米、6月7日ホワイトハウスで首脳会談を行うことが決まった。

 さて、シンガポールでの米朝会談はどんな顔ぶれになるのだろう。米朝とも同席者は少人数だ。米側はポンペオ、ボルトン、ポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は確実にリストアップされるはずだ。「戦争終結宣言」や在韓米軍にも話が及ぶと思われるので、国防総省からは恐らくシュライバー・アジア太平洋担当国防次官補が出るのではないか。筆者のこれまでの取材からもう一人、マーク・ナッパー駐韓米大使代理が加わるような気がしてならない。ちなみに彼は韓国語、ベトナム語を流ちょうに操り、東大大学院にも在籍していた経歴の持ち主だ。

 北朝鮮側はどうか。今週末にニューヨークでポンペオと会談する金英哲労働党副委員長兼統一戦線部長は間違いなく出てくる。一連の米朝接触は、CIAのカウンターパートが軍の偵察総局ではなく党の統一戦線部だった。その理由がまだ見えてこないが、交渉過程を熟知する金英哲を外すことはできない。金正恩の妹、金与正も同席する。彼女は兄の外遊には必ず付き添っている。外交当局からは李容浩外相が加わる。さらに6カ国協議やかつての米朝の核交渉に出ていた金桂覚・第一外務次官も可能性はある。

 肝心なことだが、首脳会談は成功するのか。双方が満足するかどうかは見方が分かれるだろうが、決裂することはない。金正恩は体制維持のため不退転の決意で臨んでくるからだ。下から積み上げる「シェルパ会議」までたどりついているので、土壇場での「ちゃぶ台返し」は考えられない。交渉のポイントは、6月12日まで、押したり、引いたり、すかしたり、フェイントかけたり、の条件闘争の方である。ニューヨークで始まったポンペオと金英哲のすり合わせも、テーブルの下でお互い足を蹴りあっているのか、どうかは分からない。

(2018年5月30日)