最新記事へコラムページ定期ご購読のご案内メールフォームリンク集ホームページ
| Home | Cover Story | Column | Order | Mail | Link |

 歳川隆雄について

歳川 隆雄(としかわ たかお)
1947年 東京に生まれる。上智大学英文科中退。週刊誌記者を経て1981年からフリージャーナリストに。現在は国際政治経済情報誌「インサイドライン」編集長。国際関係では日米問題やアジア問題(特に朝鮮半島情勢について〕、また国内政治問題や国際金融問題などについて多くの論文、著作がある。事件の核心に迫り、問題提起を絶やさない、真摯な取材・執筆姿勢には定評がある。
Japan Watchers(ニューヨーク)発行の「The Oriental Economist Report」の東京支局長も兼務。著書には、「一触即発の38度線」(飛鳥新社)、「ブッシュ・アメリカ情報操作の脅威」(講談社)、「日米権力水脈」(風雅書房)、「大蔵省 権力の秘密」(小学館)、「実名・霞が関」(ザ・マサダ)、「官僚疑惑」(東洋経済新報社)、「機密費」(集英社新書)、「外務省の権力構造」(講談社)、「日本の危機管理」(共同通信社)、「宗男の言い分」(飛鳥新社)など多数


 著作紹介

権力抗争のウラを読む人事ファイル
にんげん出版 定価1800円 (2005年4月11日発行)
序章・政界大波乱 第一章・小泉流『自民党三国志』 第二章・小泉流『サプライズ外交誌』 第三章・拉致問題 第四章・霞ヶ関 第五章・ホワイトハウス 第六章・クレムリン 第七章・中国と朝鮮半島
大図解 ひとめでわかる世界の政治人脈相関図付
(本書「カバー」よりの抜粋)

 

永田町動乱 小泉政権700日の深層
実業之日本社 定価1700円 (2003年4月21日発行)
官邸・永田町・霞ヶ関をめぐるトライアングルバトルの暗闘を暴く!!
第T章・小泉改革の道程 第U章・国内政局の裏側 第V章・国内経済の動向
第W章・対米外交の重圧 第X章・対亜外交の課題
・外務省人脈図 ・ブッシュ政権相関図 ・アメリカの新保守主義と超保守主義相関図 ・中国胡錦濤人脈図
(本書「カバー」よりの抜粋)

宗男の言い分
飛鳥新社 定価1500円 (2002年7月1日発行)
私たちは今回の長時間インタビューで、こうした「ムネオ疑惑」の個別案件について質すことだけを試みたわけではない。日本の右肩上がりの高度成長とともに、自民党を中心とする長期保守政権が定着し、その過程で「政・官・業の癒着の渡トライアングル」と言われてきた日本システムそのものが生んだ、言わば“鬼っ子”としての政治家・鈴木宗男の本質に迫りたいというのが、率直な気持であった。
(本書「インタビューを終えて」よりの抜粋)

機密費
集英社新書 定価660円 (2001年8月17日発行)
2001年4月26日、80%台の驚異的な支持率を背景にスタートした小泉内閣。
その最大の目玉・田中真紀子外務大臣が乗り込んだ外務省は、かつてない危機を迎えていた。年初に明るみに出た松尾克俊元要人外国訪問支援室長の横領事件をきっかけに、「機密費」という得体の知れない存在が、国民の目にさらされたのだ。
本書は、「個人犯罪」にすりかえられた「機密費」スキャンダルに光を当てるとともに、事件を生んだ土壌、事件が提示する数々の疑惑等を検証し、「日本にとって機密とは何か」という根源的な問いに挑む!
(本書「カバー」よりの抜粋)

日米権力水脈
風雅書房刊 定価1600円 (1994年発行)
「実は有力政治家が誇る米国との太いパイプの実体はお粗末なものが多い。ところが、欧州、特に英国とドイツの政治指導者が有する米国とのパイプは、まさに、"バックチャンネル"と呼ばれる、本当の意志疎通のためのそれだ。
本書は、日本を動かす有力政治家の、いわゆる対米コネクションを検証したものだ。」
(本書「あとがき」よりの抜粋)
官僚疑惑
東洋経済新報社刊 定価1500円 (1998年発行)
「橋本龍太郎政権の掲げる「行財政改革」が現実に進みはじめたのは96年秋だが、 以来、政・官・業はさまざまに錯綜した動きを見せてきた。そうして動きは「改革」を 推進するうえで、どんな役割を果たしてきたのか、あるいは果たさなかったのか。本書の意図するところは、96年秋以降の改革の流れにおける「官」の動きをいわば臨床的に検証し、その表裏にわたるファクトが示す意味とメッセージを客観的に読み取ることにある。」
(本書「はじめに」よりの抜粋)