夕刊フジ

夕刊フジ

12月18日付「マイナス金利解除へ高まる関心ー常識的には1月の日銀会合か」

日本銀行(植田和男総裁)は12月18~19日に政策決定会合を開催する…
夕刊フジ

12月12日付 理念学ぶ超党派議連結成、その意義とは 今も〝存在感〟示す政治家・石橋湛山 戦後政治史で最も特筆すべき田中角栄との握手

「『貿易立国』湛山に学ぶ―超党派議連が会合」の見出しが付いた24行の小さな記事(日本経済新聞12月2日付朝刊)を読んで驚いた。
夕刊フジ

12月4日付「ケント・カルダー氏が見据える『中国最新事情』とはー講演で言及した台湾有事への危機感」

11月下旬、米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係大学院(SAIS)ライシャワー東アジア研究所のケント・カルダー所長が来日、東京・内幸町の日本記者クラブで講演した…
夕刊フジ

11月27日付「行き詰まるウクライナ情勢ー日本の支援も焦点に」

紙ワシントン・ポスト、英紙フィナンシャル・タイムズなど欧米の有力紙が報じる最新のウクライナ情勢分析に接すると気が重くなる…
夕刊フジ

11月14日付 米国務長官も〝顔負け〟上川陽子氏を含む女性外相が活躍したG7会合 イスラエル・ハマス戦闘、一時休戦の成果も

1月7~8日、東京・麻布台の飯倉公館で、主要7カ国(G7)外相会合が開かれた…
夕刊フジ

11月6日付「『甘い見通し』の背景に政治配慮もー日銀のYCC再修正」

日本銀行(植田和男総裁)は10月31日に開催した金融政策決定会合で、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール=YCC)の再修正を決めた…
夕刊フジ

10月31日付 東京発電の企業理念から誕生、片品川「水力発電所」は自然とのコラボだった 1泊2日の「仕事半分」ツアー

「秋の空 廓寥として影もなし あまりにさびし 鳥など飛べ」――。よく秋を詠んだ石川啄木の短歌である…
夕刊フジ

10月24日付 第5次中東戦争の様相、イスラエル偏重のオッズは決して高くない 筆者の「従軍記者」経験から岸田首相に一言

筆者はかつて「従軍記者(War Correspondent)」の経験がある――。
夕刊フジ

10月17日付 衆参2補選から導き出す「衆院解散シナリオ」 最速なら11月14日公示、26日投開票 野党からの批判を回避するため

10月20日、第212回臨時国会が召集される。現在の永田町の関心事は、果たして岸田文雄首相が会期中に衆院解散に踏み切るのか…
夕刊フジ

10月3日付「米国株推奨キャンペーン」驚くべき絶妙なタイミング 岸田首相の「資産運用立国」構想〝投資される日本〟に変貌できるか

岸田文雄首相は9月21日午後(現地時間・日本時間22日午前)、米経済界の大物が蝟集する会員制サロン「The Economic Club of New York(ニューヨーク経済クラブ)」で…