column

column

2021年3月 衆院解散・総選挙を巡る「諸説」

衆院の任期満了まで残り7カ月を切った。衆院解散はいつ?バッジ族がそわそわし始めた。怪文書がばらまかれ、解散談義は花盛り。 永田町の「歳時記」では、解散が近づくと見慣れた景色の一つである。怪しげな文書とは…
column

2021年2月 菅首相の顔とムンクの「叫び」

菅義偉首相の長男らによる総務省幹部接待問題は、安倍晋三前政権の「モリ・カケ」以上に深刻な事態となってきた…
column

2021年1月 「チーム菅」が存在しない官邸

国民の失望が止まらない。菅義偉首相がテレビに露出するたびに、内閣支持率は下がっていく…
column

2020年12月 自民党内で「菅・二階連合」への不満噴出

24日のクリスマス・イブ、菅義偉首相は政権発足から100日目を迎えた。この100日間を「ハネムーン期間」と呼び、米国では、メディアが表立った政権批判を手控えるのが習わしだ。だが、日本のマスコミには米国流忖度がない…
column

2020年11月 「1月衆院解散」が無くなった理由

いったん頭をもたげた年明けの衆院解散・総選挙説があっという間にしぼんでしまった。11月28日付の新聞各紙は…
column

2020年10月 菅義偉首相は「モーレツ中間管理職」か?!

臨時国会が10月26日から始まった。菅義偉首相の所信表明演説から書き起こしたい。予想通りというか、個別政策が期限付きでずらりと並んだ。良く言えば「エピソードや美しい言葉遣いでなく、単刀直入、ストレートに目標を提示した」(山口...
column

2020年9月 「国民のため働く菅内閣」始動!!

 菅義偉内閣が誕生してちょうど半月が過ぎた。徒手空拳、無派閥から永田町の権力闘争を勝ち抜いてトップに上り詰めた初めてのケースである。派閥間の貸し借りや取引で担がれる総裁選出プロセスにうんざりしていた国民は新鮮な思いを抱いたのだろう。内...
column

2020年8月 「菅義偉首相」のリアリティ

 このところ安倍晋三首相の体調が良くないとされる。コロナ禍の対応で疲労が蓄積・沈殿している。隠そうにも表情に出てくる。連日のコロナ対策本部会合で、会議終了後メンバーが部屋を退出しても安倍首相は一人椅子に座ったまま目を指でマッサージす...
タイトルとURLをコピーしました