夕刊フジ

夕刊フジ

5月11日付 発言が度々揺らぐバイデン大統領に「対中政策」不安視 「習国家主席とは…」施政方針演説で“アドリブ”

米国ワシントンのベルトウェイ内(日本の永田町・霞が関)でもバイデン政権の対中政策を不安視する向きが少なくないことは周知の事実である…
夕刊フジ

4月26日付 『グリーン成長戦略』にはカネが必要ー日米で脱炭素リード 言うのはたやすいが」

4月22~23日(米国東部時間)、ジョー・バイデン米大統領主催の気候変動サミットがオンライン形式で開催された…
夕刊フジ

4月19日付 「ベトナムに『中国離れ』の予兆ー新首相・チン氏の閣僚人事『親中』書記長後継への布石」

ベトナムと言えば、世界有数の親日国として知られる。 何度か訪れた経験もあり、同国に文化的親和性があり、日本及び日本人に高い信頼を抱いていることも承知している…
夕刊フジ

4月12日付「日米は海底レアアースの開発を急げー対中抑止力の切り札F-35B製造に必須」

政府は、最新鋭ステルス戦闘機「F35B」(ロッキード・マーチン社製)の導入を決定した。 航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)に配備し、令和6年の運用開始を目指す…
夕刊フジ

4月6日付 驚きの意味不明瞭さをみせたバイデン米大統領 会見後半息切れ…今後は30分開催にするはず

ジョー・バイデン米大統領は3月25日午後(米東部時間)、ホワイトハウス(WH)で就任後初めて記者会見を行った…
夕刊フジ

3月30日付 米中外交トップ会談、人種差別批判に頭を抱えた米高官

3月18~19日の2日間、米アラスカ州アンカレジで行われた米中外交トップ会談は実に示唆深いものだった。幾つかのファクト(事実)を紹介し、今後の米中関係を見据える上での参考にして欲しい…
夕刊フジ

3月22日付 米中対立のレッドラインとなった『台湾有事』ー外交トップ会談で激しい応酬 日本に何ができるか」

3月18日、米アラスカ州アンカレジで米中外交トップ会談が開かれた。アントニー・ブリンケン国務長官、ジェイク・サリバン大統領補佐官と…
夕刊フジ

3月15日付 米国防長官の訪印に一役買った菅首相ーモディ首相の不満解消「自由で開かれたインド太平洋」構想意識」

アントニー・ブリンケン米国務長官は3月15日夕、国務長官専用機で羽田空港に到着する。 同15~18日まで日本と韓国を訪れ…
夕刊フジ

3月9日付 KCIA元部長・金炯旭の取材記憶

先週、韓国映画「KCIA南山の部長たち」を観た。 韓流スターとして日本でも名高い李炳憲が…
夕刊フジ

3月1日付 『尖閣防衛』米国の本気度は未知数ー米報道官『日本の主権』も具体性欠く日米安保

コロナ禍の中、2月20日の土曜日。珍しく菅義偉首相は終日、東京・赤坂の衆院議員宿舎で過ごした。その日の…
タイトルとURLをコピーしました